スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定申告は必要です


確定申告は仕事でもギャンブルでも申告の義務が発生する利益を得たら申告しなければいけません。


これを申告していないと追徴課税がきたりします。


ただ、パチンコスロットに関してもほんとは申告すべきなのですが証拠が残らない為実質申告しなくてもばれないのです。


いちいち全部の店が一人一人いくら使っていくら換金したかなんて調べようがありません。


競馬に関しても同じ事が言えるのですが、先日のニュースを覚えていますか?


競馬のインターネット投票で恐らく自分で見つけた正攻法で勝ち続けていたひとが、知り合いにチクられてバレてたしか2億のプラスにたいして30億の追徴課税がきたのです。


これはおかしい話なのですが、パチンコ屋と同じように実際に競馬場にいったりWINSにいって馬券を買ったら誰が買ったか調べられないので追徴課税のしようがないのですが(ちゃんと納めましょうとしかいえない)「インターネット投票は口座に記録が残る」ので追徴課税されるのです。


理不尽ですよね…


で、今回の裁判は的中馬券のみ課税され30億の課税がきたのですが、これは見せしめなのです。
そもそも確定申告は利益のなかから申告するものです。

なのに2億の利益に対して30億の課税。


わけがわかりません。

しかもこの方は競馬のあとに違うギャンブルで負けてしまいお金はなくなっているのです。


なのに30億払えって、、要は国は出る杭は叩くので競馬で儲かる仕組みを理解しているひとがおもしろくないので、同じようなひとに圧力をかけるために大袈裟にやったのです。


結局、そんなもの競馬やギャンブルは勝てないということを言ってるようなもので、おかしい話なのでハズレ馬券も必要経費として認められ5000万円の課税で決着したようです。


圧力をかけるため黒い力が働いていたからか裁判が決着するまでは散々メディアで確定申告してなかった事を叩くような記事や報道が飛び交っていたのに、裁判が敗訴となるとテレビや新聞ではほんの、ほんの少しの報道でフィードアウトしていったのです。

これは世の中の競馬ファンは許せない扱いだったでしょう。


競馬の確定申告はもともと的中馬券にかかったお金と払い戻しのお金の利益が50万円あったら申告しなさいというものです。


しかし、ハズレ馬券を必要経費としてされないならハズレ馬券50万あって的中馬券で利益が、50万ならプラマイ0なのに50万に達しているから申告しなさいというルールです。


つまりほぼ勝てないというルールです。


だから馬鹿らしいから誰も確定申告しないのです。


ただ今回の裁判でハズレ馬券も必要経費として認められたわけですから実際には稼げます。


それに、聞けば確定申告に関して税務署もかなり適当みたいで、必要経費を好きなように書いても通るみたいです。


申告にくる人が珍しいのですから歓迎なのかもしれませんね。


例えば利益300万で必要経費300万といえば通るらしいです。
確定申告でお金を払わずともこれで通るらしいです。

…まあ自分も確定申告についてはこれから学んでいかなければなりませんが、リアル競馬投資においては確定申告は国民の義務ですから必ずする必要があります。

そんなに心配する必要はないと言われていますけど(O.O;)

スポンサーサイト
プロフィール

ktm7seven

Author:ktm7seven
競馬予想をメインに有益な情報提供を目指すブログ。
馬券のお手伝いになれば嬉しいです。

姉妹サイトです(^v^)
競馬やるなら天気確認!

-天気予報コム- -FC2-
複勝率80%!!
ミラクル2頭軸はコチラです! 軸を持っていると馬券の組立に有効です!お気軽にお問い合わせください(^O^)
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
fc2ブログランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
779位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
相互リンクさま更新!気になる記事は覗いてみよう(^v^)!
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログQRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。